十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
ちからをあわせて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちからをあわせて

作・絵: ニック・バトワース
訳: はやし まみ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,360 +税

「ちからをあわせて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

まぶしい日ざしの中で、パーシーとどうぶつたちはピクニックをたのしんでいます。ところが、ちかくであそんでいたウサギのきょうだいに大へんなことが。ちっちゃな妹ウサギが、とつぜんきえてしまったのです!

ベストレビュー

ほのぼの・ドキドキの本

主人が絵の可愛らしさに目を留めて購入してきた絵本です。

3歳の息子は動物がでてくる絵本が大好きなので、
表紙の絵を見て興味を示しました。

うさぎさんが穴に落ちるシーンは、真剣に見ていました。
幼児にはちょっとハラハラドキドキシーンのようです。
その後に、抜け穴を見つけたうさぎが自分で脱出してくる
ところは仕掛け絵本のようになっているのですが、
初めて読んだときは、どうやってうさぎが穴から出てきたのか、
よくわからなかったようです。
2・3回読んでから、理解できたようで、自分で仕掛けをめくって
話を説明してくれるようになりました。
絵本は何度も読んで楽しむものなので、何度も読むなら3歳でも
十分理解できます。

みんなでうさぎを助けるシーンも、その後ののどかな雰囲気に
戻るシーンも、落ち着いていて、ほのぼのしてます。
(妖精ブッキーさん 30代・ママ 男の子3歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ニック・バトワースさんのその他の作品

ゆきのふるよる / キツネのしゃっくり

はやし まみさんのその他の作品

あらしのあとで



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ちからをあわせて

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット