宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いっちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっちゃん

  • 絵本
作: 二宮 由紀子
絵: 村上 康成
出版社: 解放出版社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いっちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784759222401

出版社からの紹介

どんな人がいても、
  どんな生きっぷりがあっても、
  ちっとも不思議はない (今江祥智「解説」より抜粋)

一つ目小僧の“いっちゃん”は、普通の男の子。美人の“ののちゃん”は、のっぺらぼう。いっちゃんは、ののちゃんに恋してる。「普通」って何? 「普通の子たち」のナンセンス絵本。

ベストレビュー

ナンセンスにしては、深い

村上さんの絵なので
借りてきました

ん???

いじめではないけど
なんか、深い?お話なのかな?

いっちゃんは、心配性な感じで
いろいろ考えます
その考え方が、徹底的です

あこがれのののちゃんは
自信があるので
ちょっとしたことでは
びくともしない感じです

解説の今江氏の文章を読んで
なるほど・・・
表紙のいっちゃんはちょっと口が
「ムッ」としていますが
閉じると
ちょっと「ニコッ」としています

何かに気付いたんでしょうね
こどもも、後から
こういうことかな・・・って
思うかもしれませんね
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

二宮 由紀子さんのその他の作品

ペッパと まる・さんかく・しかく /  ペッパと あか・あお・きいろ / ペッパとabc / ペッパと123 / Peppa Goes to London 〜ペッパ、ロンドンへいく〜 / ペッパのおせんたく

村上 康成さんのその他の作品

おいも! / 村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / はるの ごほうび / おおきくなったらきみはなんになる? / 母ぐま子ぐま / しあわせならてをたたこう



>絵本エイド ―こころにひかりを―

いっちゃん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット