あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
キャラメル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キャラメル

作・絵: 山崎克己
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「キャラメル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月

こどものとも0.1.2. 2006年3月号

出版社からの紹介

巨大なキャラメルが一個落ちていました。ネコとカメとブタとゾウの親子がやってきて、ネコの親子がなめはじました。次にカメが、ブタが、ゾウが、みんなでただひたすらなめつづます。そして、巨大なキャラメルは、だんだん小さくなり、とうとうきれいさっぱりなくなりました。「おいしいねえ ごちそうさま」

ベストレビュー

こんなのあったらいいな

袋に包まれた甘いもの・・・キャラメル。
もちろん今でも食べさせていませんが、この絵本を読んだ時にどうゆう食べ物なのかとても興味を持ちました。紙に包まれた甘いお菓子で、もっと小さい事を教えました。

それぞれ4面分の4種類の動物の親子がやって来ました。みんなでとても長い舌をだしてペロペロと舐めまくります。
最後にぞうもやって来たので、食べるのに拍車がかかります。
見ていてとても美味しそう。だって舐めまくって無くなってしまうんだもの。

さぞかし美味しいものだろうと、食べたいをせがまれました。毎回ごまかしました。喉に詰まるし、虫歯がね〜。

最後の裏表紙は、親子で幸せそうに帰る動物たちが書かれていて
美味しいものたべるって幸せだよねと教えました。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


山崎 克己さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (29) 秋の闇夜の授業参観 / 怪談オウマガドキ学園(30) 異界ツアーで体験学習 / 怪談オウマガドキ学園(28) 飼育小屋のさけび声 / 怪談オウマガドキ学園(26) 妖怪の出る時間 / 怪談オウマガドキ学園 (27) あけてはいけない道具箱 / 怪談オウマガドキ学園(25) 図書室は異次元空間



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

キャラメル

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット