庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
わっしょいおじぞうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わっしょいおじぞうさん

作: 鶴見正夫
絵: 田代三善
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,097 +税

「わっしょいおじぞうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

出版社からの紹介

おんぼろ小屋のお地蔵さまを、子どもたちがかつぎだし、川で水遊びをします。子どもたちと遊ぶお地蔵さまの、ゆかいで楽しいお話。

ベストレビュー

ユニークなおじぞうさん

昔、隠居したおとのさまが子どもたちの無病息災を願って木彫りのおじぞうさまを作りました。その後おじぞうさまを収めた小屋が古くなり、子どもたちが川に担ぎ出して遊んでいました。それを咎めた役人が、おじぞうさまのお堂を直してお堂に閉じ込めました。

長崎県の江迎町に「水かけ地蔵」というおじぞうさまがあり、その由来となった民話だそうです。考えてみれば、おじぞうさまは、村の中にあっていつでも庶民の暮らしを見守ってくださるもの。おとのさまもそんな気持ちをこめておじぞうさまを作ったのかもしれません。

いつも子どもと一緒にという思いがこもっているおじぞうさまなので、お堂の中に奉られるのは本意ではなかったようで、不思議なことが起ります。子どもと一緒に川で遊んで喜ぶというおじぞうさまはとてもユニークだと思いました。

自分の住んでいる土地のお祭りにも由来があるかも知れず、他の民話も読みたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ


鶴見正夫さんのその他の作品

はなさかじいさん / ライト兄弟 / 日本むかし話(2) かちかちやま / あめふりくまのこ / つるのおんがえし / まいごのペンギンフジのはなし

田代三善さんのその他の作品

椋鳩十全集(23) にせものの英雄 / 建具職人の千太郎 / 椋鳩十全集(15) マヤの一生 / 椋鳩十全集(26) 地獄島とロシア水兵 / 源 義経 / とんだよ プロペラくん



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

わっしょいおじぞうさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット