十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
紳士とオバケ氏
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紳士とオバケ氏

  • 児童書
作: たかどの ほうこ
絵: 飯野 和好
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2001年
ISBN: 9784577022313

小学校中学年から

8〜9歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

とてもまじめな紳士は夜の12時前には寝ることにしていたのですが、
ある晩夜中に目がさめると、家にはもう一人の住人がいたのです。

ベストレビュー

相手を思う気持ち

ネットでの評判がよかったので、子供に読ませようと、早速、図書館へ
…。

いざ読んでみると、わが子には内容が長いし、しかも、読めない字が結構あって…。これは、最後まで読むのは無理かなっとあきらめかけていたのですが…。

私が最初の方だけ読んであげると、ものすごく興味を引いたらしく、初めてでしたね….
その後、子供が読めない漢字を聞きにきながら少しずつ本を読んでいる姿を見たのは。
本当に、この本を読みたいんだな!っと言う気持ちが伝わってきて、それだけでも、感動してしまいました。

内容も楽しかったです! 私も子供もどんどん本に引き込まれていきました。
真面目な紳士のマジヒコさんがすんでいる家は、お父さんも、そのまたお父さんも、そのまたまたお父さんも、代々続くそれはそれは真面目な紳士でした。

規則正しいせいかつをしていましたが、ある日、風邪気味でちょっと眠ったつもりが、時刻は夜中の12時!

そこでオバケ氏に出会うのです。

それまで友だちもいない真面目一筋のマジヒコさん、そして、昔から住んでいるのに人と出くわしたこともないオバケ氏、二人が楽しそうに会話をしている姿がとても興味をひきたてられ読むのが止まりませんでした。

友達の大切さ、相手を思いやる気持ちが書かれた本でした。
是非、読んでみて下さい!
(さるボンボンさん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

まあちゃんのすてきなエプロン / つきよの3びき / ポンちゃんはお金もち / ペルペルの魔法  / ぜったい くだものっこ / つんつくせんせいとかさじぞう

飯野 和好さんのその他の作品

日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ / かぞえる



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

紳士とオバケ氏

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット