庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ことりのゆうえんち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことりのゆうえんち

  • 絵本
作・絵: たちもと みちこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784569686813

幼年から
A4判変型上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大きな森の入り口に女の子が住んでいました。女の子は、巣から落ちてしまった小鳥を拾い家に連れて帰りました。小鳥のかわいらしい姿を見て、女の子はうれしくなりました。ところが小鳥はなぜか悲しそうです。女の子は、歌を歌ってあげたり、ハーモニカをふいてあげたり、日に日に小鳥のことが大好きになっていきました。

そんなある日、お母さんに、森へ小鳥を帰してあげるように言われました。女の子が悲しくなって泣いていると、小鳥が「ことりのゆうえんち」に連れて行ってくれると言いました。ことりのゆうえんちでは、小鳥たちが歓迎してくれ、カシの木のジェットコースターに乗って遊びました。夢中になっていると、いつの間にか女の子にも羽がはえ、小鳥の姿になっていきました。楽しかったはずが、段々とお母さんが恋しくなってきた女の子は……。

独特の色彩センスで描かれた世界には、かわいらしさと柔らかな雰囲気がいっぱいに広がっています。

ことりのゆうえんち

ベストレビュー

刺繍のように繊細で素敵

とても可愛らしいイラストで、
どのページをめくっても、まるで雑貨屋さんにいるような気持ちになりました。

刺繍のように繊細で、それでいてあたたかく
物語ととても合っているなと感じました。

最後のシーンでは、物語が意外な方向に進みハラハラとしましたが
終わり方はとても優しく温かい気持ちになりました。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たちもと みちこさんのその他の作品

おべんとうブック / こいのぼりぐんぐんこどもの日! / くらべてなるほど!こうじのくるま / とけいのおうさま / ゆきあそび / おぼんぼんぼんぼんおどりの日!



すべてのおとなとこどもに贈ります

ことりのゆうえんち

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット