もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
たこなんかじゃないよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たこなんかじゃないよ

  • 絵本
文: 秋野 和子
絵: 秋野 亥左牟
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「たこなんかじゃないよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784834021103

出版社からの紹介

16年間沖縄の海で、タコを見、タコを捕って暮らしていた画家が描いたタコの絵本。外敵から身を守るため「たこなんかじゃないよ」と珊瑚になったり海草になったり水になったりするタコの変身ぶりが楽しい絵本です。

ベストレビュー

擬態がすごい

たこがお昼寝から目覚め散歩。形や色を変えながら、
周りの地形を利用し、擬態する様子がユニークに
描かれています。

分かり易くリズミカルな文章、ユニークな「たこなんかじゃないよ」
の繰り返しのフレーズが耳に残ります。
点や模様で描かれた特徴的な背景になぜかリアルに見える
たこや生き物たち。ウツボは不気味で迫力があります。

擬態しているたこを見つけるのも楽しいです。
息子はたことウツボが絡むシーンではいつも真剣に
聞き、「足たべられちゃったね」と持っていかれた足を
心配しています。
たこの天敵ってウツボだったんですね。
まさに海のギャング!と感じました。

ちなみにこの1冊で息子はたことウツボの関係?を知り
図鑑でみつけて得意げに「これがウツボだよ」。
海の生き物達に興味を持つきっかけにもなったようです。
(空色のかわうそさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


秋野 和子さんのその他の作品

とうもろこしおばあさん / ムースの大だいこ カナダ・インディアンのおはなし

秋野 亥左牟さんのその他の作品

神々の母に捧げる詩 続 アメリカ・インディアンの詩 / たいようまでのぼったコンドル / おれは歌だ おれはここを歩く アメリカ・インディアンの詩 / 石のししのものがたり / プンクマインチャ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

たこなんかじゃないよ

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット