貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
はしのうえのおおかみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしのうえのおおかみ

  • 絵本
作: 奈街 三郎
絵: 花之内 雅吉
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はしのうえのおおかみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1991年
ISBN: 9784790260257

3歳児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うさぎが一本橋をわたっていくと、橋の上で、おおかみはおおいばり。「おれがさきだ。もどれ」と、だれが来ても通してくれません。ある日、大きなくまが渡ってきて、驚いたおおかみはくまに橋をゆずりますが、くまはもっと大きな心の持ち主でした。なんとおおかみの体をひょいと持ち上げて…。親切にしてもらうと、他人にも親切にしてあげたくなってしまう。一本の橋の上で起こるドラマを鮮やかに切り取った傑作。

ベストレビュー

思い出の絵本

おおかみがいじわるばかりしてたのは、今まで優しくされたことがなかったからなのかな
怖がられて寂しかったのかな

くまさんの親切が本当に嬉しかったんですね。
その気持ちを大切にしているおおかみが何とも愛しいです。
本当はとても純粋で素直な心の持ち主なんですね。

大人になって自分用に買いましたが、古い方は甥っ子に読んであげてます。
読んだ後はいつも「くまさんかっこいいね」「くまさん力持ちだね」とお話します。

子供さんに是非おすすめしたい一冊です。
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

奈街 三郎さんのその他の作品

わらしべちょうじゃ / ぞうとケエブル・カー / 紙芝居 おおかみと七ひきの子やぎ

花之内 雅吉さんのその他の作品

もーもーさん / ぼくうまれたよ / あらいぐまのおふろやさん / おつきみどろぼう / うみの きらきら やまの きらきら / ぽかぽかふとん(チャイルド本社刊)



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

はしのうえのおおかみ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット