ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ムーミン谷へのふしぎな旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ムーミン谷へのふしぎな旅

  • 絵本
作: トーベ・ヤンソン
訳: 渡部翠
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

気むずかしやの女の子スサンナが、野原でひろったふしぎなめがねをかけて、ムーミン谷への旅を始めます。美しい水彩画の絵本です。

親愛なる日本の子どもたちへ――
みなさんが、この本を、気に入って楽しんでくれますようにと、願っています。わたしの国フィンランドと、日本は、地理的には、とても遠いですね。でも、おはなしの世界は、たがいにそんなに離れてはいないし、ちがっていないと思います。さあ、とびこんでください。ようこそ、わたしの絵本の世界へ!

ベストレビュー

主役がムーミンじゃない!

実はこの絵本のあるページの挿絵が見たくて見たくて手に取りました。

ムーミン谷へ旅するお話だからおなじみのムーミンたちはほとんど出てきません。
道中もムーミン谷とはかけ離れた険しい風景だったりします。
その、いつものムーミン物語とは対照的な要素が魅力的な絵本です。

とうとうムーミン谷へたどり着くと、そこはまるで楽園です。
そうなんです、この場面こそ私が見たくてしょうがなかった挿絵なんです。
永遠の憧れの地です!
(はんなりとうふさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トーベ・ヤンソンさんのその他の作品

ミイのおはなしえほん ちびのミイ、かいぞくになる? / MOOMIN公式ファンブック / ムーミンやしきへようこそ ちいさなあなあき絵本 / ムーミンぬりえブック / ムーミンの ボートで おでかけ めくって さがす えほん / リトルミイのきまぐれダイアリー ムーミンと仲間たち 総出演 Little My’s 365 Days Diary

渡部翠さんのその他の作品

オンネリとアンネリのふゆ / オンネリとアンネリのおうち / ムーミンやしきはひみつのにおい / ムーミンパパの名言集 / スナフキンの名言集 / ムーミンママの名言集



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

ムーミン谷へのふしぎな旅

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット