なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
アイヌとキツネ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アイヌとキツネ

  • 絵本
作: かやのしげる
絵: いしくらきんじ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わたしはシコツ湖のちかくにすんでいたアイヌでした。ある夜のこと、シャケをめぐって、アイヌにチャランケ(談判)するキツネを目にしました。

ベストレビュー

絵は今風な感じのアイヌの神話絵本

イラストは石倉欣二さんが担当されています。
表紙絵が一つの村の地図のような見開きになっていて、なかなか面白かったです。

アイヌ神話の絵本の1つですが、この話は神々しい話ではなく、農村地帯の民衆の伝承のようです。
「アイヌの神さま」は言葉としては登場しますが、人間(村の人々)やキツネが“お願いをする”対象であって、姿かたちは出てきませんでした。

他のアイヌの神話をベースにした絵本の作品と比べ、とても『今風』な絵なので、表紙だけ見るとパッと見、神話や伝説を描いた昔話だとは思えない感じです。
字も絵もはっきりしていて、読み聞かせなどにも使えそうです。
ただ、この物語は主人公がはっきり「誰」というものではないので、子どもたちがどのくらい食いついてくれるか…。もし読み聞かせに使うなら小学校高学年以上の、読み聞かせ慣れしたクラスでやってみるといいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

かやのしげるさんのその他の作品

熊神とカパラペポンス / パヨカカムイ / 火の雨 氷の雨

いしくらきんじさんのその他の作品

ビリーとなかまたち / きたかぜにのって



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

アイヌとキツネ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット