アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
おばけたち でておいで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけたち でておいで

  • 絵本
作・絵: 深見 春夫
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけたち でておいで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784569686899

この作品が含まれるテーマ

みどころ

木の幹の穴からひょい、と出てきたのは小さな小さなおばけ。畑の中からはかぶのおばけがひゅーっと出てきて、ケーキ屋さんからはケーキの小さなおばけが・・・。登場する度に、その小ささ、その姿の愛らしさが想像しているよりもちょっとづつ上回っていて、唸ってしまう。そんなおばけ達の一晩の小さな冒険です。なかなかのクライマックスもちゃんとありますよ。
身の回りの色々な所にこんな小さなおばけ達が住んでいると思ったら、ついつい呼び出したくなりそうです。当然ながら全然怖くないのは、彼らの目的が「遊ぶ事」だからかもしれませんね。楽しそうに連れ立っています。
この絵本でもう1つ驚いた事があります。作者の深見春夫さんがもうベテランの域に達している作家さんであるという事です。というのも近作「そらとぶパン」でそのあまりにも素朴で夢のあるお話に感動した覚えがあるのですが、その後新刊を目にする度にお話も絵もどんどん「可愛く」なっていく!!今回の絵本もその道を極めた、と言わんばかりにぎゅっと凝縮された小さな小さな可愛さなのです。密かに目が離せなくなってしまっているのです・・・。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

木の穴の中から小さなかわいいおばけがでてきました。カブのおばけにお花のおばけ、ソフトクリームのおばけなどを遊びに誘います。

ベストレビュー

いろいろ出てきました。

かわいいのから、そうじゃないおばけまで

いっぱい出てきました。

途中で、その小さいお化け達が掃除機に

吸い込まれます。

ほこりだらけの掃除機に入ってしまったお化け達が

点々の汚れだらけのおばけになった瞬間、

気持ち悪くて、読みたくないな〜と感じました。

さっき出てきたおばけ達の顔から体が点々になっていて

かわいくありません。

最終的にはきれいなおばけに変わりますが、

どうしてもその絵が気持ち悪くて、読むのに苦労しました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


深見 春夫さんのその他の作品

おもちゃの かたづけ できるかな / すてきなステッキ / あしにょきにょきにょき / にがい おくすり のめるかな / じぶんで おしり ふけるかな / ドキドキめいろのくに



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

おばけたち でておいで

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット