くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
ぼくがラーメンたべてるとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくがラーメンたべてるとき

  • 絵本
作・絵: 長谷川 義史
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784774610573

出版社からの紹介

ぼくがラーメンたべてるとき、地球の裏側ではなにがおこってる?ぼくがおやつを食べてるとき、世界の子はなにしてる?遊んでる、働いてる、倒れてる・・・長谷川義史が世界の子たちへ平和への願いをこめました。

ぼくがラーメンたべてるとき

ベストレビュー

説明はいらない

今回の東北で起こった地震と津波。
その津波の様子はリアルタイムで私たちにテレビは伝えてくれました。
学校から戻っていた息子を膝に抱きながら祈るような気持ちで
止めたいのに止められないあの津波の様子をただ見ていた。
刻々と流されてくる惨状。でも今私たちの周りは全く変わらない。
テレビを通さなかったらそれは遠い遠いところのこと。
でも今わたしは膝のうえの息子に、この出来事は日本のそれこそ
となりのとなりの…なんだと伝えてみた。
テレビの番組はどの局も一様に地震のことばかりで、子供たちにとってはあまりにショックであり、そこから逃げたかったらしく、「今日は楽しいお話をよんでもらおう」と寝る前の本を久しぶりに読むことにした様子。本も自分で選ぶという。何を選ぶのかな?と待っていたらこのほんを持ってきた。「えtt?これでいいの?」と思いつつ読んでいく。
今日日本で起こった大変な出来事。それがまさにこの本の言いたかったこと。それを何の難しい説明なしに子供は心にストンとおとしてその日は眠りについたのでした。
かれの心の中に丸い地球に吹く風が通り抜けた晩でした。
(あづりんさん 40代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 義史さんのその他の作品

おならまんざい / 天女かあさん / サンカクさん / だじゃれ世界一周 / それゆけ!長谷川義史くん / じてんしゃのほねやすみ



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット