宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ナイナイとしあわせの庭
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナイナイとしあわせの庭

作・絵: キティ・クローザー
訳: 平岡 敦
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ナイナイとしあわせの庭」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年4月30日
ISBN: 9784198615093

小学校低中学年から

出版社からの紹介

ママが死んでから、パパはいつも悲しそう。ママが花を育てていた庭も、すっかりあれてしまった。でも、わたしにはひみつの友だちナイナイがいる。ナイナイは、種をまいたら、って教えてくれた。「なんにもないところから始めて、なんでもできるんだよ」って…。空想の友だちとの交流を通して、心癒されていく少女の姿を描いた、感動的な物語。

ベストレビュー

《ナイナイ》がいてよかった。

絵本いうより、絵の多い児童書といった感じです。

「ここにはだれもいない。
 ううん、わたしがいる。
 わたしがいて、ナイナイがいる。なんにもない、のナイナイが。」とはじまるので、全体がかなり暗いムードです。
主人公の女の子の絵も、下手ではありませんが、日本の女の子が普通に想像する可愛い子ではありません。

『ママの死』を父と娘が受け止めて再生してい物語だと思います。
リラが作り出した幻の友だち《ナイナイ》はすごくい素敵な存在でした。
ラストが素敵なハッピーエンドで、読み終わっててホッとしました。
鳥やお花が好きなお子さんたちにお薦めしたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おえかきずかん
    おえかきずかん
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人にも人気!かわいい動物が描ける★ズーラシアなどの動物園を運営する「横浜市緑の協会」監修

キティ・クローザーさんのその他の作品

みまわりこびと / あるひぼくはかみさまと / ちいさな死神くん / パパとミーヌ にわにいるのは、だあれ? / こわがりのかえるぼうや

平岡 敦さんのその他の作品

岩波少年文庫 地底旅行 / ゾラ ショートセレクション 猫の楽園 / 3つ数えて走りだせ / ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 / 小さなサンと天の竜 / モーパッサン 首飾り



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

ナイナイとしあわせの庭

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット