しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
小さいおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さいおばけ

  • 児童書
作: オトフリート・プロイスラー
絵: フランツ・ヨーゼフ・トリップ
訳: はたさわ ゆうこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「小さいおばけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2003年07月28日
ISBN: 9784198617141

小学校低中学年から
A5判・192ページ

みどころ

フクロウ城という古いお城に住む小さいおばけは、気のいい夜おばけ。いつも真夜中12時きっかりに目をさまし、城の中で大砲をころがしたり、伯爵や将軍の肖像画を相手に、何百年も前のむかし話をしたりします。ときどきはミミズクのシューフーのもとをたずねておしゃべりを楽しみます。小さいおばけはいつも13個の鍵のついた鍵束をもっています。この鍵束をひとふりすると、どんな鍵も開くんですからとってもべんりなんです。
大好きな月夜のばんに「ヒッヒー! 月夜のフクロウ城は、なんてすてきなんだろう! ヒッヒー!」と、しあわせそうにふわっふわっと飛びまわる白い姿は、何百年も生きているはずなのに、まるでかわいいおばけの子どもみたいです。

そんなおばけが昼の世界をひとめ見たくてたまらなくなりました。シューフーは「日の光の話は、やめてくださらんか」「昼間なんて、ろくなものではありませんぞ」とていねいな口調できびしくおこりますが、小さいおばけは我慢できません。なんとか昼に起きようとして、しっぱいばかり。でもどんな運命のいたずらか、ある日、目がさめたら昼で・・・!?
最初のうちは喜んでいたおばけですが、白いからだが黒くなってしまうし、町の人に追い回されるし、おまけに大きな勘違いまでしてしまっていいことがありません。夜おばけにもどりたいのに、どうしたら夜の世界にもどれるのかわからない・・・。泣きだすおばけを助けてくれたのは誰だったでしょう? ドキドキのクライマックスを、読んで楽しんでくださいね。

オトフリート・プロイスラーといえば『大どろぼうホッツェンプロッツ』が有名ですが、『小さいおばけ』『小さい水の精』『小さい魔女』もファンが多いです。おばけや妖精のような不思議な存在が、ちょっぴりドジでかわいらしくて、でもドキドキするような力も持っていて・・・、ゆかいな友人みたいに感じられる物語には、独特の魅力があります。
あとがきによると、プロイスラーには語りが得意な祖母がいて、よくお話をしてもらっていたそうです。プロイスラーの作風や臨場感あふれる場面展開には、そんな子どものころの経験が影響しているのかもしれませんね。
『小さいおばけ』の物語をもりあげるのは、『大どろぼうホッツェンプロッツ』と同じ、フランツ・ヨーゼフ・トリップの挿絵。小さいおばけのせいで町の人たちが右往左往、大騒ぎになる様子が、絵からもたっぷり伝わってきます!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

古いお城で静かにくらしていた小さいおばけ。ある日、昼の世界を見たいという願いがかなって昼間に目を覚まし、早速外へ。ところが、日の光をあびたとたん、まっ白だった体がまっ黒になったうえに、道にまよって、さあたいへん! 小さいおばけは、夜おばけにもどれるでしょうか? 著名な作家が描く楽しい物語。原書の絵を全て収録しました。

ベストレビュー

13個のカギ

 おばけが好きな子どもは、ときどき笑いながら読んでいました。13個のカギをもっているところが楽しいです。

 白い「夜おばけ」が、太陽のひかりに当たって黒くなってしまいました。また、白い夜おばけにもどれるのでしょうか、、、人間の子どもたちが助けてくれて、、、と元気でおもしろいお話でした。
 
50年も前に書かれたお話です。たくさんの子どもたちを、楽しませてくれたお話なんだなと思いました。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オトフリート・プロイスラーさんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / かかしのトーマス / 魂をはこぶ船 / 大力ワーニャの冒険 / 小さい水の精 / 真夜中の鐘がなるとき

はたさわ ゆうこさんのその他の作品

世界一の三人きょうだい / もぐらくんのすてきなじかん / スノーベアとであったひ / ぼくとヨシュと水色の空 / ウサギのトトのたからもの / ひみつたんていダイアリー(4) 宝の地図をとりもどせ!



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

小さいおばけ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット