おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
りゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りゅう

  • 絵本
作: 西本 鶏介
絵: 清水耕蔵
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

りゅうは、遠い昔から世界の各地に生きていました。川や沼の主としての素朴な神さまから、天地創造にかかわる水と闇の象徴として宇宙をかけまわるドラゴンまで、そのすべてがひとめでわかり楽しくて勉強になります。

ベストレビュー

りゅうって何?

物語に出てくる龍について、この本でいろいろなことがわかります。中国や日本では、水の神様として祀られている龍ですが、西洋では悪者です。

「胴体は蛇、日本の角はシカ、背骨にはとげがはえています。足はキジで」と龍のことをまじまじと観察したことがなかったのですが、いろいろな動物のパーツが合わさっているのだと初めて知りました。

清水耕蔵の絵がページごとに、東洋風・西洋風・SF風と描き分けているのが素晴らしいです。

お子さんが「りゅうって何?」と聞いた時に、この絵本を薦めてください。お父さんお母さんも勉強になりますよ。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西本 鶏介さんのその他の作品

しあわせなおうじ / はだかのおうさま / ポプラ世界名作童話(7) アンデルセン童話 / 名作よんでよんで はじめての伝記15話 / 戦争と平和のものがたり(1) ちいちゃんのかげおくり / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花

清水耕蔵さんのその他の作品

さんねんねたろう 第2版  / マルコ・ポーロ / ヤマトタケル / 続 はいくのえほん / 天人女房 / なんじゃじまものがたり 後編



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

りゅう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット