おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
岩波少年文庫 やかまし村の春・夏・秋・冬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 やかまし村の春・夏・秋・冬

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784001141290

児童
小B6判・並製・カバー・220頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

スウェーデンの田舎の小さな「やかまし村」――6人の子どもたちは,厳しい冬でも,クリスマスに大みそかと,楽しみがいっぱい.やがて春.湖に水の精を見にいきますが…….夏休みには,ゆかいな宝さがし.秋には大好きなおじいさんの誕生日.四季折々を背景に,子どもたちの暮らしをいきいきと描きます.[解説・高楼方子]

ベストレビュー

村の子ども立ち

このやかまし村シリーズが好きで読んでいます。
小さな村に子どもが少ししかいないんです。
だからみんな兄弟みたいに仲良く、時にけんかしたり、
そうやって触れ合って生きています。外で跳ねまわったり冒険したり、
大人のかかわりもあるんですが、駄目、とか口うるさい感じではなく
みんな子どもを見つめる視線が優しい。こんなに元気に過ごせるっていいですよね。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

岩波少年文庫 やかまし村の春・夏・秋・冬

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット