ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ミオよわたしのミオ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミオよわたしのミオ

  • 絵本
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: イロン・ヴィークランド
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784001150735

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ストックホルムの公園から,男の子がひとり別世界へ迷いこみます.すばらしい白馬とともに悪い騎士と戦う彼の耳に,魔法の国の王である父の「ミオよわたしのミオ」という励ましの声がひびきます.

ベストレビュー

主人公は9歳

中学年以上向きにちょうどよさそうな本がたくさんあるリンドグレーン。

ただ、子どもだけだと表紙の感じから手に取らないかなと。こういう本こそ、読み聞かせして読んであげたいなあと思っています。

ボッセは、養い親に育てられていましたが、はるかな国行きの葉書の投函を頼まれたことがきっかけで、はるかな国へ行くことになります。

実はミオははるかな国の王子だったのです。

「ピッピ」シリーズと比べるとお話のトーンは暗めです。

昔話的な展開で、前半部分が長いというのは昔の本に見られる特徴だなあと思いました。

今時の展開が早くてめくるめく変わるというのではなく、じわじわとお話に入って行くのも昔のお話の特徴ですね。

それだけにゆったりとお話の世界に浸ることができる気がしました。

ミオは決して勇気のある少年ではないのですが、友だちのためみんなのために頑張る姿が印象的でした。

ちょうど「かくれ山の冒険」を読み終わった後だったので、昔話をうまく取り入れた展開に通じる世界観を感じました。

他のリンドグレーン作品ンも息子と共に読んでいきたいです。

主人公は9歳なのでその周辺のお子さんに読んでいただきたいなあと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

イロン・ヴィークランドさんのその他の作品

わたしもがっこうにいきたいな / ぼくもおにいちゃんになりたいな / 大型絵本 ながいながい旅  / 聖なる夜 / やかまし村のクリスマス / 雪の森のリサベット

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

ミオよわたしのミオ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット