ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
魔女たちのあさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女たちのあさ

作: エドリアン・アダムズ
訳: 奥田 継夫
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「魔女たちのあさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784752040248

ベストレビュー

環になって楽しむ魔女たち

『A WOGGLE OF WITCHES』が原題。
WOGGLEは、革の環、という意味。
夜に活動する魔女たちの様子が描かれます。
夜が始まると、「おはよう」というわけです。
魔女といっても、女子高生のような快活さ。
ほうきさばきも軽やかです。
だからこそ、環になって、踊るのですね。
地上で遭遇したのは、ハロウィン仮装の子どもたち。
魔女たちを驚かすなんて愉快ですね。
終始暗い画面ですが、魔女たちの快活さに、夜の世界の楽しさを感じました。
文章も洗練されていますね。
ちょっと大人の味わいですが、幼稚園児くらいから楽しめそうです。
(レイラさん 50代・ママ )

出版社おすすめ


奥田 継夫さんのその他の作品

はいたつされたふしぎなじゅもん / お正月さん / かぼちゃひこうせんぷっくらこ / スキャリーおじさんのにぎやかなビジータウン / せかいいちゆかいなとうさんねこのたんじょうび / せかいいちいそがしいぶたのしょうぼうし



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

魔女たちのあさ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット