もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
チロヌップの子 さくら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チロヌップの子 さくら

作・絵: たかはし ひろゆき
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チロヌップの子 さくら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

北の孤島チロヌップで、与平の娘さくらときつねのチロは、きょうだいのように暮らしていました。しかし、さくらの死によって…。好評の『チロヌップのきつね』『チロヌップのにじ』に続く詩情豊かな絵本。

ベストレビュー

悲しい チロヌップの狐チロとさくらの物語

江戸時代 松前藩のころ 千島列島にラッコを捕りにロシア人がやって来た  ラッコを守るために任務に就いた北見与平とゆり夫婦
赤ちゃんがうまれ 女の子は 桜という名前 そのチロヌップに キツネがやって来て さくらと一緒に大切に育てられました  チロという名前

しかし きびしい 北の国で さくらは 病気になり死んでしまうのです
さくらのはかをつくり 木彫りのこけしをつくツタ 与平  
哀しみのあまり毎日ないていた   母親のゆり

ラッコを捕りにやって来たロシア人に小屋を燃やされ逃げ帰った夫婦(松前藩に)
のこされたチロは、さくらの木彫りをだいじにして お墓を守り続けたのです

昔の千島列島の悲しいおはなし

今北方領土問題でロシアと 交渉している日本(平和な解決が期待されます)

こんな歴史があったのですね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

たかはし ひろゆきさんのその他の作品

きかんしゃ きゅうべえ / チロヌップのにじ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

チロヌップの子 さくら

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット