ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
少年たちの夏
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

少年たちの夏

作: 横山充男
絵: 村上 豊
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「少年たちの夏」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784591066355

小学校高学年〜

出版社からの紹介

ぼくは四万十川とおまえらのことを、けっしてわすれない――。いかだ下りを決行した三人の少年たちの、熱くて瑞々しい夏の物語。

ベストレビュー

あちちの夏じゃあ!

もう数年前の読書感想文コンクールの課題図書。
高学年の部の読み物でしたが、当時中学年の次男が気に入って
この本で夏休みの読書感想文を書きました。
大人になったぼく(弘治)の少年時代の回想録のスタイルです。
高知県の四万十川下流の町に住むぼくは、夏休みに仲間達といかだ下りを計画します。
ぼくを含む6年生の下町での生活の様子が生き生きと描かれます。
様々な家庭環境にも負けず、「生きる」力がみなぎっています。
圧巻は自分達で作ったドラゴンホース号という一人乗りのいかだ。
それぞれ手作りの3つのいかだが豪快にあちちの夏空の下、
川を下ります。
子どもだけで企画!というだけでもすごいです。
もちろん大人にも助けてもらいますが、
大人はあくまで必要なところで手を出すだけ。
無謀ともいえるこの計画もニコニコと見守っているだけです。
今の時代なら即刻企画はつぶされているでしょうね。
次男がこの本ですっかり四万十川ファンになり、
実は今夏、この四万十川を見に家族旅行に行きます。
旅の予定と合わせて、もう一度読み返すと、見所がたくさん。
物語のキーアイテムの赤鉄橋も見届けようと思っています。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横山充男さんのその他の作品

自転車少年(チャリンコボーイ) / ラスト・スパート! / 夏っ飛び! / おたすけ妖怪ねこまんさ / ポプラポケット文庫 子どもの伝記13 坂本竜馬 / 星空へようこそ

村上 豊さんのその他の作品

ちからたろう / 日本民話 あたまに かきのき / ゆらゆら橋からおんみょうじ / 本朝奇談天狗童子 / 今昔物語 / ぶっかけろジャネット!



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

少年たちの夏

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット