雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
一つの花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

一つの花

  • 絵本
作: 今西 祐行
絵: 鈴木 義治
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「一つの花」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784591005484

5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おとうさんが戦争に行く日、見おくりのプラットホームで幼いゆみ子にさしだしたいちりんの花、それは・・・。

ベストレビュー

もう一つちょうだい!

孫は、園の給食で林檎とかバナナ、オレンジだと、「もう一つちょうだい!」ってよく言います。おかわり用のが残っていれば頂くことが出来るので、よい時代に生まれてきてよかったと思いました。お腹いっぱい食べることが出来なかった時代には、親は自分は食べないで子供に自分の分を分け与えたものです。お金がなくて物を買えない時には、親はどの時代でも子供だけにはお腹いっぱい食べさせたいと思うのは一緒なんだと思いました。戦争だけは二度とあってはいけないので戦争の悲惨さを語り継いでいきたいと思いました。「一つだけ ちょうだい。」と、
「もう一つちょうだい!」の大違いに、やっぱり涙せずに読めれない切ない絵本でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今西 祐行さんのその他の作品

集英社みらい文庫 一つの花 ヒロシマの歌 / 能・狂言  / とりになった はっぱの はなし / 岩波少年文庫 132 浦上の旅人たち / ポプラポケット文庫 一つの花 / 源 義経

鈴木 義治さんのその他の作品

家族 / みつばちぶんぶん / きょうのおはなしなあに 春 / きょうのおはなしなあに 秋 / きょうのおはなしなあに 夏 / 雨のにおい星の声



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

一つの花

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット