もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
うみべのおとのほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみべのおとのほん

作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 江國 香織
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784593504923

課題図書すばこ

出版社からの紹介

ある日、こいぬのマフィンは、海にやってきました。じっと耳をすませると、いろんな音がきこえてきます。ちゃぷん、ぱちゃん うびゃあうびゃあ ぼーおぼーお……いったい、なんの音かしら?
子どもの心をとらえるマーガレット・ワイズ・ブラウンの名作絵本。

ベストレビュー

海の音

とても耳のいい子犬のマフィンは、ボートで海に出て、
海の音をたくさん聞くことになります。
波の音・かもめの鳴き声・・・

レナード・ワイズガードの絵が素敵です。
ステンシルの画法なのかな?
色の数は少なくて、シンプルなのですが、味わいがあって、今見ても古臭くなくて、むしろ新鮮です。

「マフィンにそれがきこえたかしら?」
と繰り返されます。
質問形式なので、そういう絵本が好きなお子さんにはいいかも?

最後の方には、海の底の魚などが出てきて、同じ質問をされるのですが、
これは「聞こえないね」ということでいいのですよね?
考えても、どんな音が聞こえるのやら思いつかなかったので・・・
海にさほど縁がないので、正解が分からず、
うちの息子はちょっと「もういいって」みたいな感じでうっとおしくなってきてたみたいです^^;
(シーアさん 20代・ママ 男の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし / たんじょうび おめでとう! / ぼくつかまらないもん!

レナード・ワイズガードさんのその他の作品

きかんしゃが とおるよ / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / なつのいなかのおとのほん / おへやのなかのおとのほん / きんのたまごのほん / The Golden Egg Book (きんのたまごのほん 洋書版)

江國 香織さんのその他の作品

ゆき、まだかなあ / ナイアガラの女王 / 100万分の1回のねこ / ぼくはきみで きみはぼく / マドレーヌとパリのふるいやしき / おやゆびひめ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

うみべのおとのほん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット