ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
幼児のバイブル ひょうしき・マークのえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

幼児のバイブル ひょうしき・マークのえほん

作・絵: 清原一秀
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「幼児のバイブル ひょうしき・マークのえほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつもそばに置いて、幼児のためのたいせつな本、バイブルに!
信号・横断歩道・非常口など、社会生活第一歩をふみだした幼児に、ぜひおぼえてほしい標識。シルバーシート・国旗・リサイクルマーク・天気マークなど、理解してほしいマーク。
この本では、幼児に身近な標識・マークを集めてあります。お子さまといっしょに、確認しながら楽しく見てください。

ベストレビュー

標識とマークがズラリと登場!

車にのって出かけると、娘が道路標識を見て「これなあに〜?」とか「これなんていうこと?」と聞いてくることが多く、標識に関心をもっていました。
手持ちにそういった図鑑は我が家ではなかったので、あるといいな〜と思っていた矢先、この絵本を図書館で偶然にもみつけました。道路標識だけでなく、マーク(公共施設についてるものとか、国旗、お天気、音符などなど)の種類も豊富で見応えある、手元にいつも置いておきたい1冊となりました。
やはり道路標識のページは食い入るように見ている娘、最近は覚えた標識を自慢げに弟に説明する姿も見られます(笑)
この本を見た後、外出する度に「なあに?」と聞くばかりだった娘は「あっこれ本にのってたよね〜」と「これは○○ひょうしきなんだよ」と答える事が多くなり、さらに興味をもって楽しんでいるようです!
(サンダーソニアさん 30代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

幼児のバイブル ひょうしき・マークのえほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット