新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
黄色いボール

黄色いボール

作: 立松 和平
絵: 長 新太
出版社: 河出書房新社

税込価格: ¥1,602

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784309730615

出版社からの紹介

ぼくは、犬のタロウ。ケンちゃんとパパと、ボール遊びをしていて、おいてきぼりにされてしまいました|?|?。残されたタロウの苦難と、その強さを描いて、人のあるべき姿をも考えさせます

ベストレビュー

ハッピーエンドだけど…

マンションで飼えなくなって捨てられた犬が、途方に暮れてさまよい、命が途切れそうになると感じながらも…ハッピーエンドで終わるお話です。だけど、最初に出てくる、題名にもなっている黄色いボールは犬小屋に置かれたまま。ご飯に混じっていた砂を噛んでしまったような、なんだかざらりとした違和感を残して終わります。ウチのチビも神妙な顔をして最後まで聞いてました。何か感じるものがあったのかな。あるとええなあ。また少し大きくなったら読んでやりたいです。何度でも何度でも。
(ともすけちゃんさん 30代・パパ 男の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

黄色いボール

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら