雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
マザー・テレサ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マザー・テレサ

作: 間所 ひさこ
絵: たかはし きよし
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マザー・テレサ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784577018590

5歳から

出版社からの紹介

インドのカルカッタに始まり、世界中の人々に愛の手をさしのべてきたマザー・テレサ。孤児たちを養育する彼女の姿を描いた物語。

ベストレビュー

8歳の息子と読みました。

8歳の息子が図書館から借りてきました。

ボスニア出身でありながらインド国籍を取得し、
まずしいインドの人々の為に尽くした、マザーテレサ。

教師の職を手放し、青空教室を始めたその熱意に、
息子共々、心を打たれました。

「マザーテレサ、もしかして殺されちゃったのかな??・
 今も生きてるのかな???」

と、読んでいる途中にドキドキしていた息子。

残念ながら1997年に病没したマザーテレサでしたが、
ノーベル平和賞を受賞した人ということで、
息子の心に印象に残ったに違いありません。

それにしても、マザーテレサの亡くなった年は、
私は確か大学生。
各国首脳が参列した国葬だったそうですが、
全然記憶にない・・・。

いかに「世界」とか「平和」とかに無頓着で生きてきたかを
個人的に思い知らされた一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


間所 ひさこさんのその他の作品

3にんのおひめさま ラプンツェル えんどうまめとおひめさま おやゆびひめ / あきいろのころわん / しあわせなおうじ / げんこつやまがあったとさ / ころわんどっきどき / 10ぴきのかえるのあきまつり

たかはし きよしさんのその他の作品

わたし、くわがた / ちいさないきもの むし / うごく はう、のぼる、ゆれる くずの おはなし / ぼく、あぶらぜみ / ファーブル昆虫記 もんしろちょう / ファーブル昆虫記 こおろぎ



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

マザー・テレサ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット