話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ぞうのマハギリ

ぞうのマハギリ

作: ケシャブ・シャンカール・ピライ
絵: プラク・ビスワス
訳: みやちとしこ
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ぞうのマハギリ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784906195459

240×175cm 16ページ

出版社からの紹介

マハギリは とても おおきなぞうでした。
ぞうをかすしごとをしているしょうにんが せわをしていました。
ぞうしょうにんは ときどきマハギリをもりにつれていき おもいまるたをはこばせました。

けっこんしきがあれば はなむこをはなよめのいえにはこぶために
マハギリをかしだしました。

ベストレビュー

ぞうのハマギリは、優しいなあ!

インドの民話です。ぞうのマハギリは、ぞうを動かす仕事をしている商人が世話をしていまいた。ぞう商人は、時々マハギリを森につれていき思い丸太を運ばせました。マハギリが旗ざおを運んで穴に入れようとした時に急に立ち止まって後ずさりしてしまいました。ぞうつかいは、マハギリが言うことを聞かないので鞭が折れるほどマハギリを叩いたり、ナイフを取り出して何度もハマギリの首を刺しました。逆らった理由が穴に落ちた子猫を助ける為でした。口で説明できないマハギリのとった行動は、穴も中に落ちた子猫を助けたことで理解してもらってよかったと思いました。ぞう商人は時々無料で子どもたちをマハギリの背中に乗せてくれるようになって子どもたちも幸せでよかったなあと思いました。思いやりのある優しいぞうのマハギリのお話でした♪
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 民族・風習 > ぞうのマハギリ

「食欲の秋 おなかが鳴っちゃうおいしそうな絵本5選」

ぞうのマハギリ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット