おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?

  • 絵本
作: ヴェルナ・アールデマ
絵: レオ・ディロン ダイアン・ディロン
訳: 八木田 宜子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784593500192

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カのつまらないうそが原因で、フクロウは太陽を起こすのをやめてしまいました。夜の明けないジャングルで、動物たちは……。アフリカ民話をもとにした、奇想天外なお話。1976年コルデコット賞受賞作です。

ベストレビュー

オチがサイコーです

カが耳もとでブンブン言っているのは、とんでもないおおぼらだったのですね。
その意味が何かと考えていたら、話はとんでもない方向へ向かいます。
カがブンブン言ったせいで、フクロウの子どもが死んでしまい、夜も明けなくなってしまいました。
とんだ濡れ衣でしたが、最後のオチにはビックリです。
カが何を言おうと、ブンブン言ったら耳障りなのは間違いありません。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ


ヴェルナ・アールデマさんのその他の作品

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

レオ・ディロンさんのその他の作品

ひみつの川

八木田 宜子さんのその他の作品

紙芝居 きかんしゃ シュッシュ / ねこがおどる日 / 21世紀版少年少女世界文学館(3) ロミオとジュリエット / 紙芝居 ガサゴソ だーれ? / 紙芝居 ひとつずつ / くもねこ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット