しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちきゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちきゅう

  • 絵本
作・絵: G・ブライアン・カラス
訳: 庄司太一
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2007年08月
ISBN: 9784033480107

5・6歳から
サイズ:B4

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「ちきゅう このおおきなのりものにのって、ぼくたちは うちゅうをたびしている。」

地球について、宇宙についてのしくみを描く絵本。・・・とあるけれど、最初の一文の様に宇宙を旅しているような気持ちで読むと楽しめる絵本です。ポイントは作者が「科学専門の学者」ではなくあくまで「絵本作家」であるところかもしれません。

どうして昼間は明るいのか、どうして熱い夏や寒い冬が来るのか、公転のことについても説明しながら話しかけてくれます。
わかるような、わからないような?でも地球のスケール感やダイナミックさ、太陽の光や風など地球に住んでいる事の気持ちよさが凄く伝わってくるんです。そして気持ちが大きくなるというか、開放感を感じるというか・・・抽象的だけど何だかこの丸い丸い地球に興味が湧いてくる。そんな感じ。
地球についてちゃんと勉強する前に「地球ってこんな感じ。」と伝えるのにとても良い絵本だと思いましたよ。本のつくりもちょっと大きめでダイナミック!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

「ぼくたちは毎日、宇宙を旅している……」自転や公転、引力など地球と宇宙の仕組みを、スケール大きな絵と言葉で学べる絵本。

ベストレビュー

これは、わかりやすいです!

「大きくなったら宇宙飛行士になるんだ」と

豪語している息子は、よく天体の本を読んでいます。

図鑑だったり、大人が読む専門書だったり。

でもやはり難しく、なかなか理解しきれないところがあったようですが、

この本はそれをすっきり整理させてくれたようです。
 
自転に公転、地軸に引力なども上手に図解してあり、それは感心するほど

です。この絵を使えばよりつっこんだ説明を付け加えるときにも便利だと

思います。

「ちきゅう。このおおきなのりものにのって、
          ぼくたちはうちゅうをたびしている。」

出だしのこのフレーズは、

冒険好きの子供たちの心をぐっとつかんでしまうのではないでしょうか。
(ぽめらにーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

G・ブライアン・カラスさんのその他の作品

ネビルってよんでみた / こそこそこそっ! かくれよう!― マグリーリさんと さむがりウサギ〜 / ようちえんっていうところ / よだれダラダラ・ベイビー / えかきたんじょう! / うみ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

ちきゅう



全ページためしよみ
年齢別絵本セット