しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
おつきさまにぼうしを
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おつきさまにぼうしを

  • 絵本
作: シュールト・コイパー
絵: ヤン・ユッテ
訳: 野坂 悦子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「おつきさまにぼうしを」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784894235311

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある冬の夜,サルとワニとメンドリは,お月様に帽子,マフラー,手袋をあげようとします。でも,どうやって空の上まで届ければいい?オランダの世界的な絵本賞「金の画筆賞」2004年受賞。

ベストレビュー

ちょっと不思議な物語

ぼうしをふかくかぶったままで顔が見えずに「くらい、くらい」と言うメンドリ。(途中で帽子が取れます)
ちょっと太り気味のワニは、狭い入り口を出るためにプシュ〜ッと空気を抜き、外に出てから「フーッ、フーッ」と空気を入れてもらったり。
ネコが4つ足でピアノを弾いたり。
なんだか独特で不思議な空気が流れている絵本です。

寒そうなお月様に帽子をあげようとするやさしい3匹。
高い空の上にいるお月様になんとか届けようと工夫しますがうまくいきません。
最後のなかなかおもしろいアイデアで、無事お月様に届けることができます。

オランダ独特の空気なのでしょうか、ちょっと変わった物語です。
お話も長めですが、不思議な世界に入り込めば長さは感じないでしょう。
冬の寒い夜、お月様を見ながらこの絵本を読んで、子供と一緒に空想の世界へ入ってみませんか。
(kaoringoさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヤン・ユッテさんのその他の作品

10ぴきのいたずらねこ / ペピーノ

野坂 悦子さんのその他の作品

100時間の夜 / 劇場ってどんなところ? / シラユキさんとあみあみモンスター / すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン / ちいさな かいじゅう モッタ / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

おつきさまにぼうしを

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット