ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ロンポポ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロンポポ

  • 絵本
作・絵: エド・ヤング
訳: 藤本 朝巳
出版社: 古今社

本体価格: ¥1,800 +税

「ロンポポ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年10月
ISBN: 9784907689049

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

おばけ話じゃないけど、お薦めは夏に読む!

私と上の子で、とてもウケました。
他のナビの方も書いていますが、中国版「おおかみと七ひきのこやぎ」といってもいいのですが、
中国の他の地域や韓国のむかし話では、
このロンポポ(オオカミ)が虎である場合が多く、
「金のつなのつるべ」とか「お日さまお月さま」というタイトルで、知られています。

うちの子たちは、この韓国版の絵本を前に読んであげているので、オオカミ・ロンポポが結構愛嬌があって、可愛かったようです。
逆に「ロンポポ」に登場する三人娘の顔が怖いです。
一般的に見慣れている絵本に比べると、恐怖マンガのような絵柄でした。

上の子が気に入ったシーンは、
何度落とされても食べたことのない「銀杏のみ」とやらを食べてみたい「ロンポポ」が舌なめずりして籠に乗っているところだそうです。

内容的には子どもたちと、肉食動物との頭脳バトルなので、聞いている子どもたちはドキドキハラハラするでしょうね。
おばけとかの話ではありませんが、どちらかというと、夏の暑い夜に読んであげると、より迫力が出て、盛り上がりそうです。
やや長い話なので、お話を聞きなれている幼稚園以上のお子さんか、小学校以上のお子さんにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

エド・ヤングさんのその他の作品

よふかし にんじゃ / TUNAMI!津波 / 風にのっていったダニーナ / つる サダコの願い / 七ひきのねずみ / ライオンとねずみ

藤本 朝巳さんのその他の作品

ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび / 宝島 / ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から / まあ、なんてこと!



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ロンポポ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット