たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
おだんごぱん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おだんごぱん

  • 絵本
作: (ロシア民話)
絵: 脇田 和
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1966年5月1日
ISBN: 9784834000573

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

おはなし

むかしむかし、おじいさんがおだんごぱんを作ってくれるようおばあさんに頼みました。けれど小麦粉がなかったので、おばあさんは粉箱をごしごし引っかいて粉を集めておだんごぱんを焼き、窓の下に置いて冷やしていました。
そのおだんごぱんがころころと転がり出し、家の戸から転がり出て、表の道を転がり野原でうさぎに出会います。
「ぱくっと食べてあげよう」と言ううさぎに、おだんごぱんは「おまえなんかにつかまるかい」って歌をうたって逃げ出します。おおかみやくまにも出会いますが、同じように歌をうたって逃げました。
でも「きれいにほかほか焼けてるね」と言われたきつねには、ごきげんで歌をうたってあげました。そして、きつねに「もう1度歌って」と言われたおだんごぱんは、きつねの鼻の上で歌をうたい「今度は舌の上で歌って」と言われ飛び上がったところを・・・
・・・ぱくっと食べられてしまいました。

みどころ

「おだんごぱんってどんなパン?」って思いますが、丸いパンがころころ転がって動物たちに出会うお話しです。
動物たちに出会うたび「ぼくは天下のおだんごぱん。・・・おじいさんからもおばあさんからも逃げ出したのさ。お前なんかに捕まるかい」という歌をうたって逃げるというくり返しが子供にはおもしろいようです。読んでいるうちに自然と歌に節がついたりしますが、読み手ひとりひとり違うのも楽しいですね。
もとのお話しは民話なので、ほかの訳や絵の絵本も出ているようです。この絵本はちょっと地味な色使いなので、手に取りにくいかもしれませんが、ぜひ一度手に取ってみてくださいね。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)

出版社からの紹介

ロシア、というよりヨーロッパの最も代表的な民話です。かまどからとびだしたおだんごぱんは、おじいさん、おばあさんや動物たちから、次つぎとうまく逃れてゆきますが……。

ベストレビュー

チャーミング♪

娘が幼稚園から借りてきて読みました。
文章が長くて読むのは大変でしたが、
最後まで興味深そうに聞いてくれました。
昔っぽい、古風な絵が素敵。
最後はちょっとかわいそうだったけど、昔の話って
こういう残酷な話が多かったりしますよね。
「おだんごぱん」というタイトルも味があっていいような気がします。

(りえちゃんママさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


(ロシア民話)さんのその他の作品

おおきなかぶ

脇田 和さんのその他の作品

迷子の天使

瀬田 貞二さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば / 英日CD付 英語絵本 おやすみなさいおつきさま GOODNIGHT MOON / お父さんのラッパばなし / 児童文学論 上下巻



たたかえ!じんるいのために!

おだんごぱん



全ページためしよみ
年齢別絵本セット