くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
八郎太
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

八郎太

作・絵: 高橋 宏幸
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「八郎太」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

読み応えあり。

青森県にある八郎潟を舞台にしたお話です。
創作絵本で 昔話ではないそうですが
これぞ ニッポンの昔話!といった感じで
久しぶりに読み応えのある昔話に出合ったような
気持ちになりました。
高い志を持った青年が いつしか欲に目がくらみ
その為に最後は 身を滅ぼしてしまう…
私利私欲にはしり 
自然への畏れをないがしろにした結果がどうなるか…
ストレートに感じさせてくれるお話でした。
少し長めですが
使われている方言のテンポが良かったり
登場する人物の表情豊かな絵が とっても魅力的だったりで
一気に読めてしまった絵本です。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

出版社おすすめ


高橋 宏幸さんのその他の作品

ものがたりチロヌップのきつね / すずのねえほん ばあばとあそぼう / 花になった子うし / おしっこおばけ / みつけたみつけた / おつきさんのめだまやき



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

八郎太

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット