ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ねこがわんいぬはにゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこがわんいぬはにゃん

  • 絵本
作: 佐藤 さとる
絵: しんしょうけん
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこがわんいぬはにゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

犬と猫が入れ替わったら

「おかあさんのおとしもの」の続編です。前作同様コマ割絵という、絵が漫画のようにコマ割りされて載っています。

飼い犬のタロと野良猫のミドリはとても仲好し。ある日、二人はお互いの境遇をうらやましがります。飼い犬は食べ物と寝床に困らないし、野良猫は自由があるという具合です。
この辺は、隣の芝生は青いという感じでしょうか。

その話を聞いていた神様によって二人の心が入れ替わってしまいます。ドラマや映画で入れ替わるという話を見たことがありますが、童話で読んだのは初めてでとてもおもしろかったです。
入れ替わった後の、タロの目が緑色になり、ミドリの目が茶色に変わるので、入れ替わった様子がよくわかりました。

お互いの境遇を羨ましがる気持ちというのは誰にでもありますよね。犬と猫が入れ替わるとどうなるのでしょう?犬の特性とねこの特性をうまくとらえている楽しいお話だと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

しんしょうけんさんのその他の作品

ひめさまと二十日ねずみ / 赤んぼ大将さようなら / おかあさんのおとしもの



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ねこがわんいぬはにゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット