ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
どうぶつのおやこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうぶつのおやこ

  • 絵本
作・絵: やぶうち まさゆき
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1966年11月
ISBN: 9784834000740

読んであげるなら・1才半から

1〜2歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

犬、猿、ライオン、ゾウなど、動物の親子が戯れている姿を見せてくれる絵本です。
著者の薮内正幸氏は、動物画の第一人者。全ての絵は毛の一本一本まで丁寧に書き込まれ、目線や表情までリアルな動物そのものでありながら、写真とは違う温かみがあります。
絵だけの絵本。文字はありません。
余計な情報がない分、絵から様々な物語が伝わってきます。

例えば「犬の親子」の絵。4匹で輪になっている子犬たちは、どんなお話をしているのかな? ママの足元にいる子犬はさみしがりやさんなのかな。少し離れたところでママに話しかけている子犬ちゃん、何て言っているだろう。ママは遠くを見ているみたいだけど、どんなことを考えているのかな……。
など、1ページの絵の中にいろんなストーリーが隠れていて、親子で一緒に見ていたら次々に新しい発見があり、どんなに見ていても飽きません。

大人の価値観では思いつかないようなことも、きっとお子さんは感じていることでしょう。じっくり丁寧に、一緒に見て感じながら、その感性を引き出してみて下さい。

(洪愛舜  編集者・ライター)

出版社からの紹介

子どもの大好きなライオンやキリン、身近に見られるイヌやネコなどを、やわらかな毛の手ざわりや息づかいまでもが感じられるほどに描いた愛情あふれる絵本。

ベストレビュー

ことばのない動物絵本 傑作です

 動物画の第一人者が描くおなじみの動物たち。猫、うさぎ、犬、猿、熊、サイ、キリン、ライオン、象。
 
 素晴らしいのは絵の巧さだけではありません。息遣いまでが聞こえてくるような、動物たちの堂々とした佇まい。いきいきとした姿。
 そして親が子に、子が親に注ぐ愛情。じんじんと伝わってくるのです。 
 
 ことばはありません。絵だけで充分です。親子で見ながら、話も弾みそうです。写真の載った図鑑よりもこの絵本を選びたい。傑作です。
(ゆうたのーとさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

やぶうち まさゆきさんのその他の作品

ここよ ここよ / どうやってねるのかな / なにのこどもかな / どうやってみをまもるのかな / きょうりゅうのかいかた / ちーたーのロンボ



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

どうぶつのおやこ

みんなの声(81人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット