しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
あべこべものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あべこべものがたり

  • 児童書
作: (北欧民話)
絵: 箕田源二郎
再話: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥922 +税

「あべこべものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784477167640

小学校初級向

出版社からの紹介

いつもぶつぶつ文句ばかりいっているフリツルさん。外の仕事がいやになって、おかみさんと仕事をとりかえてみますが……。

ベストレビュー

これで19冊目

ゆかいなゆかいなおはなしシリーズ、これで19冊目だと思います。

今回は北欧の民話でした。「しごとをとりかえたおやじさん」という題名のものもありますね。

途中でぶたが死んでしまうところで息子と共にびっくりです。他の本でもそうだったのかな?またいろいろと読み比べてみたいと思いました。

お母さんの溜飲が下がるお話です。人の仕事についてあれこれ言うのはくれぐれもやめたいものです。

光吉さん、このシリーズでは昔話は二作品のようですが、昔話にも造詣が深かったようですね。

シリーズを読み進んで、もう読む本がなくなってきたのがさびしい限りです。

もう一度読み返してみたいと思っています。

このシリーズ、夏休みの低学年向けの読書としてもお勧めですよ。

子どもの頃に、良い本に出会っておくと、選書眼が磨かれると思います。実は、最近気がついたのですが、私が最初に買ってもらった本が光吉夏弥さんでした。

三つ子の魂ではないけれど、子ども時代に何を読むかが、大人になってからの読書傾向を左右すると思っています。ぜひこのシリーズ、お子さんと共に読んでいただきたいです。

そして、ご家族で読んで話し合ってみるとおもしろいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


箕田源二郎さんのその他の作品

椋鳩十全集(24) 日当山侏儒物語 / 改訂新版津波ものがたり / あべこべものがたり / 椋鳩十全集(12) 日高山伏物語 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / ももたろう

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



第12回 『あったかいな』の片山健さん

あべこべものがたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット