ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
おとこの子とおもっていた犬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとこの子とおもっていた犬

  • 児童書
作: C.アネット
絵: W.ロレイン
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥922 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おとこの子とおもっていた犬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784477167732

小学校初級向
<<品切れ重版未定>>

出版社からの紹介

ラルフは、ピーターが誕生日にもらった子犬。人間ばかりの中で育ったので、自分もピーターと同じ男の子と思っています。

ベストレビュー

賢い犬

6歳の長男に読みました。

ピーターの飼い犬であるにもかかわらず、どんどん賢くなっていくラルフ・・・。飼い主としては、嬉しい反面、ちょっと複雑かもしれませんね。

ついにはラルフは自分を人間だと勘違いするまでになってしまいますが、その誤解を解くために家族がとった方法がおもしろいです。

字が大きくてとても読みやすい本です。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

おとこの子とおもっていた犬

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット