宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
雪わたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雪わたり

  • 児童書
作: 宮沢 賢治
絵: とよた かずひこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784265071043

小学校低学年向き

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「かた雪かんこ、しみ雪しんこ」と歌いながら、四郎とかん子が凍った雪の上を歩いて遊んでいると、狐の紺三郎も歌に入ってきて友だちになり、二人は狐の幻燈会に招待される。

ベストレビュー

異世界(ファンタジー)への年齢上限は?

「雪わたり」は、随分むかし、いかつい「宮沢賢治集」で読んだことがあったのですが、
これは童話絵本風の作りになっていて、とよたかずひこさんの絵がすごくいい感じに賢治の世界を描いてくれていました。
「宮沢賢治」というと、教科書にも載っているお話が多く、日本を代表する素晴らしい童話作家ですが、
実際今の子どもたちが、本屋や図書館で手にするかというと、
「う〜ん…」って、感じだと思うんですよ。
その点この作品は、とよたさんの味がいい感じに混ざり合って、なんだかすごく身近なファンタジーに感じられました。

字も大きく、振り仮名も振ってあるので、これなら小学校低学年くらいから十分に1人読みができると思います。

かわいい子どもたちとともに、きつねたちへの濡れ衣が、小さい子が読んでもよく伝わってくると思います。
ちなみに本文中に
「…兄さんたちは11さい以下ですか」
「…12さい以上の来ひんは入場をおことわり申し候…」
という件があるのですが、
この異世界(ファンタジー)の世界への招待の上限は、
宮沢賢治が決めたのでしょうか?
それとも、もっと昔からそういった年の境目というものの決まりがあったのでしょうか?
その所かすごく気になりました。
詳しい方がいたら、ぜひ教えてほしいです!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

宮沢賢治の絵本 鹿踊りのはじまり / 注文の多い料理店 / 宮沢賢治の絵本 貝の火 / 宮沢賢治の絵本 ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ

とよた かずひこさんのその他の作品

いすちゃんです。 / ふうせんゆらゆら / あがりめ さがりめ / きんぎょさんとめだかさん / めろんさんがね・・ / おんなじおんなじ ももんちゃん



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

雪わたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット