あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
アフリカ ないしょだけどほんとだよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アフリカ ないしょだけどほんとだよ

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 高畠純
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「アフリカ ないしょだけどほんとだよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784591078723

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

バナナ好きのワニ、歯磨き嫌いのライオン、尻尾をなくしたシマウマ、長すぎるヘビ、スキップ上手のゾウ。5粒のお話めしあがれ。

ベストレビュー

面白〜い!

5つのないしょ話が収録されています。題名を見た時に、どんな内緒なんだろうと想像をかきたてられたのですが、いやいや、とても愉しいメニュー(実際、そう書いてあります)でした。

息子は、1番目のないしょ『バナナのすきなワニのはなし』と5番目の『スキップのとくいなゾウのはなし』が好きだったみたいですが、私は断トツに3番目のないしょ『しっぽをなくしたシマウマのはなし』と2番目の『はみがきのきらいなライオンのはなし』がよかったです。

我が家では、作者:竹下文子さんと言ったら『ピンポンバス』ですが、本当、こんなウィットにとんだユーモラスな話が創作できるなんて、すごいなぁと思います。絵本というより幼年童話ですが、3年生の息子であっと言う間に読めるので、ちょっとアフリカってどんなところ?と触れてみたい時に読んでみてください。とてもお薦めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり / こねこのえんそく はるののはら

高畠 純さんのその他の作品

アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / モンスター・ホテルでそっくりさん / イソップ物語 / おおどろぼうヌスート / かばのさら・ばらのかさ / なぞなぞはじまるよ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

アフリカ ないしょだけどほんとだよ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット