貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
へんてこもりのはなし3 へんてこもりのなまえもん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんてこもりのはなし3 へんてこもりのなまえもん

  • 児童書
作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784034602508

5・6歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

幼稚園のなかよし四人組は、まるぼに頼まれて、なまえもんという妙なやつに食べられてしまった、ぼさこうとうるりんぞの救出に一役かいます。

ベストレビュー

面白ろキャラ登場

へんてこもりシリーズの第3弾!
今回はいつも楽しそうに登場するまるぼがなぜか大慌て!
第1回目で登場した「ぼさこう」と「うるりんぞ」が、
「なまえもん」に食べられちゃったって・・・
またまた変わったへんてこな名前の登場!
またまた面白いキャラの出現に息子はにっこりでした。

そしてその後は、
うわあ、どうなるんだろう〜という展開。
最後の展開がなかなか読めないんですけど、
それでも笑えちゃう面白さ!

本当このシリーズは笑わせてくれますね♪
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

ちゃめひめさまとあやしいたから / グドーさんのおさんぽびより / くだものっこの花 / ちゃめひめさまとペピーノおうじ / 紙芝居 こびとのくつや / まあちゃんのすてきなエプロン



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

へんてこもりのはなし3 へんてこもりのなまえもん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット