だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
さとるのじてんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さとるのじてんしゃ

  • 児童書
作: 大石 真
絵: 北田卓史
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「さとるのじてんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1973年
ISBN: 9784338018074

小学校低学年から

8〜9歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

じてんしゃが、ほしいなーって、さとるはおもいました。でも、なかなかじてんしゃをかってくれません。ところが……。小峰書店のロングセラー図書。第15回課題図書。

ベストレビュー

やっと買ってもらえた自転車。

 さとるの友だちは、みんな自転車を持っていて、自転車を持っていないさとるは一緒に遊んでもらえません。自転車があったらどんなにいいだろう。けど、あぶないから自転車は買ってもらえないというし、どうやったら買ってもらえるかな。
 お父さんとお母さんが相談して、自転車をやっと買ってくれるのですが、絶対に自動車の通る道では乗らないと約束します。
 それから毎日自転車に乗る練習をして、平らな道では転ばなくなったので、大丈夫と思って自動車の通る道を走ろうとしました。しかし、転んでしまったさとるに自動車がせまってきます。「あっ、ひかれる」さとるは、どうなっちゃうのかな。

 あぶないから自転車には乗らせません。このお母さんの気持ちはすごく分かります。しかし、あぶないから乗せないんでなくて、どうすれば安全に乗ることができるのかを教える大切さ。何事にも通じるお話だと思います。この本は、自転車にまつわる一連の話を、子どもの目線で書かれていて、もう少し早くこの本に出会っていたらと思いました。
 
 短くお話が分かれているので、幼稚園のお子さんにも是非読み聞かせあげてください。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大石 真さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / 名作よんでよんで おやすみ前のお話366話 4冊入り / はじめてよむ童話集 5 すこしかなしい話 / 名作よんでよんで グリムどうわ15話 / うらしまたろう / イソップどうわ 25話

北田卓史さんのその他の作品

ゆめの中でピストル / つなひきライオン / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 白いぼうし / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 春のお客さん / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 星のタクシー / 日本むかし話(10) だいくとおにろく



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

さとるのじてんしゃ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット