いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
えっちゃんの森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えっちゃんの森

  • 児童書
作: あまん きみこ
絵: 西巻 茅子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「えっちゃんの森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784577024584

小学校中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

えっちゃんは、元気な小学校1年生。ある日、学校からの帰り道で、子だぬきに渡された「こだぬきしんぶん」に、えっちゃんの写真が載っているのでした。こだぬきたちが言うには、えっちゃんはたぬきのシールをたくさん集めている、とのこと。でも、そのシールの意味は…?
他、2話収録。

ベストレビュー

主人公は一年生

一年生のえっちゃんが主人公の話が三話入っています。

勘違いから「ミスたぬき」に選ばれたえっちゃんとたぬきのやりとりがおもしろいです。

「だいちゃんぜみ」はちょっとこわい感じがしました。

「ふうせんばたけはさあらさら」は空が出て来ます。あまんさんの時点的なエッセイ『空の絵本』を読んでいたら病弱だったあまんさんがお布団から空を見ていることが多かったので、空が出てくるお話が多いと書かれていたので、これもそうなのかなって思いました。

えっちゃんが「ふうせんのうめだえつこさん」とふうせんに話しかけるのが印象に残っています。

そういうこだわりって子ども時代にありそうです。

『えっちゃんとミュウ』というのもありますが、続編でしょうか。そちらも読んでみたいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

西巻 茅子さんのその他の作品

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

えっちゃんの森

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット