くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
まさか おさかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まさか おさかな

作: フェイ・ロビンソン
絵: ウエイン・アンダースン
訳: 岡田 淳
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まさか おさかな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784776402442


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

エリザベスはおさかながだいすき。土曜日には水族館に出かけ、おさかなの絵を描いたり、タコにエサをやったり。だけど、家でエリザベスが飼っているのは、グッピーがいっぴきだけ。もっとおさかなが飼いたい! でも、ママやパパはエリザベスの話を真剣に聞いてくれません。そんなある日、エリザベスが手を洗っていると、水道からマスが飛び出してきたのです!次の日にはヒラメ、そしてくじらの赤ちゃんまでも……! 幻想的な画風で知られるウエイン・アンダースンがユーモラスに描きます。

ベストレビュー

子どもの心象風景

訳が岡田淳さんで、絵はどこかで見たことがあると思ったら、『ドラゴンマシーン』や『12月通り25番地』のウエイン・アンダースンでした。

蛇口から魚が出てくるというちょっと不思議なストーリーですが、それに気づいたエリザベスの話を、両親はきちんと聞いてくれません。

私もそうでしたが、話したい時に親がこちらを向いてくれない、関心を示してくれないって、やっぱりさびしいものでした。

ウエイン・アンダースンは、子どもの心象風景をうまく捉えて描く絵本作家さんだなあと思います。

子どもは、蛇口から魚という展開がおもしろく感じると思いますが、大人も読んで子どもの話に耳を傾けてほしいなあって思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ
  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに

ウエイン・アンダースンさんのその他の作品

12月通り25番地 / ドラゴンマシーン / おばけ怪獣のなぞ / ゆうれい惑星のなぞ / ゆうれい恐竜のなぞ

岡田 淳さんのその他の作品

アチチの小鬼 / 新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

まさか おさかな

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット