すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
白雪姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白雪姫

  • 絵本
作: ジョゼフィーン・プール
絵: アンジェラ・バレット
訳: 島 式子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

『しらゆきひめ』と『白雪姫』のあいだ

誰もが知っている『しらゆきひめ』なのに、描かれ方で人間像が変ってしまう不思議を実感する作品です。
嫉妬深いお妃、魔法の鏡、7人の小人たち、毒りんご…、出てくるものは同じなのに、脚色の仕方で雰囲気が大分変ってしまいます。
新鮮な感じがします。
このジョゼフィーン・プールの作品には、緻密さと奥深さがあります。
登場人物の人間性、心象が描かれています。
そして、アンジェロ・バレットの絵。
走る白雪姫、ほとんど人間と同じ背丈の小人たち、白雪姫も大人びていてディズニー・タッチを望む読者には違和感のありそうな描かれ方です。
アニメというよりも実写版。
動きのある、ドラマ性のある絵本です。

それにしても、白雪姫は3度も騙されてしまうのですね。
子どもたちにとっては、別の意味で教育的かもしれません。
少し高学年向きの絵本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョゼフィーン・プールさんのその他の作品

絵本 アンネ・フランク / 絵本 ジャンヌ・ダルク伝

アンジェラ・バレットさんのその他の作品

シェイクスピア ストーリーズ / 世界でいちばんすばらしいもの / しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ / 庭の小道から 英国流ガーデニングのエッセンス / スノーグース / 氷の宮殿

島 式子さんのその他の作品

カラス笛を吹いた日 / ぼくはワニのクロッカス



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

白雪姫

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット