にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
狂言えほん しどうほうがく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん しどうほうがく

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: 青山 友美
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784061323636

読みきかせ……3歳から
ひとり読み……小学校低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

野村萬斎氏(狂言師)推薦!
『「狂言」を通して、表現の楽しさを子どもたちに伝えたい――。この「狂言えほん」シリーズが、小さな子どもにとっての最初の一歩になれば、私もうれしいです。』

〜「しどうほうがく」は、こんなお話です〜
ある日、いばりんぼうの殿様が、太郎冠者(かじゃ)を呼びつけて言いました。「今日、わしはお茶の会に行く。すぐにおじさんのところに行って、お茶と刀と馬をかりてまいれ。」おじさんがかしてくれた馬は、誰かがせきをすると暴れだすくせがあり、「しどうほうがく」という呪文をとなえると静まるという、変わった馬でした。急いで帰った太郎冠者を、殿様は「遅いぞ!」と叱りつけ、馬にまたがります。太郎冠者が腹いせに、「コホン、コホン」とせきをしてみると……。

ベストレビュー

馬を操る呪文

咳をすると暴れ
「しどうほうがく」と唱えると鎮まるという馬を使って
ワガママな殿様をやり込めるお話。

「しどうほうがく」は「止動方角」と書くそうです。
聴きなれない言葉で、漢字を見てもピンと来ません。
狂言の舞台では、もっと長い呪文のようですが
わかりやすいように簡略化しているようです。

動きのあるお話ですので
読むのは少しコツがいりそうですが
ハマればオオウケしそうな予感。
いままで興味のなかった狂言にも
興味が出てきました。

我が家では
裏表紙の大オチがツボでした(*^_^*)
(やこちんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

もとした いづみさんのその他の作品

せつぶんセブン / うめちゃんとたらこちゃん / おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで / てっちゃんの しりとりライオン

青山 友美さんのその他の作品

ぼくんちのねこまたフーじぃ / にいちゃんのなみだスイッチ / あくしゅかい / チョコたろう / キナコ / キャンプ!キャンプ!キャンプ!



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

狂言えほん しどうほうがく

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット