あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
こぶたが ぶうぶう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぶたが ぶうぶう

文・写真: 杉田 徹
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「こぶたが ぶうぶう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2007年9月号

出版社からの紹介

こぶたがぶうぶう、お母さんぶたと散歩に出かけます。ふんふんふんと、おいしいものを探したり、おすもうをとったり、とんだりはねたり、かけっこしたり。散々あそんだ後は、お母さんのおっぱいをたっぷり飲んで、おなかがいっぱい、おやすみなさい。森の中や野原を駆け回るこぶたの姿をたっぷりお見せする写真絵本です。

ベストレビュー

身近な動物

昔は身近な動物だった豚や牛も、いまでは見る機会がないですね。食べるばかりで、子どもにとってもお肉という感覚でしかないように思いました。いつも食べる時は豚が死んでくれているんだよといっていますが、いまのこどもにはピンときません。絵本の趣旨とは異なりますが、読んでみて、かわいいだけじゃなくて、この豚さんのおかげで、みんな生きているんだよと話しました。生き物が身近にいるということは財産でしたね。。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



お気に入りのくだものはどれ?

こぶたが ぶうぶう

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.73

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット