へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくと弟はあるきつづける
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくと弟はあるきつづける

作・絵: 小林 豊
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ぼくと弟はあるきつづける」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784265069804

小学校低学年向き

出版社からの紹介

ぼくと弟が戦火を逃れ、おじいちゃんの家にきてから一年。おじいちゃんが亡くなり、ぼくたちはとうとう二人きりで生きぬくことに…。好評の『ぼくは弟とあるいた』『ぼくの家から海がみえた』につづく、黒海地方が舞台の3部作、完結編。

ベストレビュー

兄弟のたくましさ

戦争を避けて、おじいちゃんの家に逃げてきた兄弟でした。
頼りのおじいちゃんが死んでしまってなんと心細いことでしょう。
でも、この絵本では、両親を待ちながらたくましく生きる兄弟が、明るく描かれていて、戦争が夢のようです。
出合いが良かったのでしょうね。
まるで実話のようです。
カタカナで表現される「テーセン」が印象的です。
その停戦がなされ、港に両親を迎えに行く兄弟でした。
両親と再会するシーンがないのでちょっと不安ですが、初めて流した涙が報われることを願いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 豊さんのその他の作品

絵本・名人伝 / チョプラン漂流記 お船がかえる日 / 長崎ものがたり お船が出る日 / リーかあさまのはなし / 白い街 あったかい雪 / 淀川ものがたり お船がきた日



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

ぼくと弟はあるきつづける

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット