宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
スモールさんはおとうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スモールさんはおとうさん

作・絵: ロイス・レインスキー
訳: わたなべ しげお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥728 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「スモールさんはおとうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年
ISBN: 9784834010053

この人もおすすめしています

【辰野町立図書館 吉澤さん】
 幸せは毎日の生活の中にあるということを改めて感じさせてくれます。両親と子ども3人それに白い子犬。こんなスモールさん一家の生活ぶりは、まるでロシア民謡「一週間」のようです。家族で協力しながら過ごす毎日。一週間最後の日曜日の夜は、ベッドのしたくをするお母さんの傍らで、お父さんは子供たちにお話を読んであげます。このあたり、パパ‘Sの皆さんのようですね。家庭のぬくもりが伝わってきます。弟を欲しがっているわが家の次男は、本の中の赤ちゃんにアーノルドという名前をつけてあげました。

ベストレビュー

日々の暮らしの幸せ

おとうさんのスモールさんの一週間を通して、家族の風景が描かれています。地にに足のしっかりとついた、日々の暮らしの幸せを感じます。

スモールさんは、洗濯ものを干したり、子どもにおはなしを読んだりします。子どもたちも、それぞれ、自分ができることをお手伝いしますよ。
(レアレアレアさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

わたなべ しげおさんのその他の作品

みてるよみてる / ぞうのホートンひとだすけ / みてるよみてる(大型本) / さとうねずみのケーキ / おまわりさんのスモールさん / ちいさいヨット



>絵本エイド ―こころにひかりを―

スモールさんはおとうさん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット