新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
おばあちゃんがいるといいのにな

おばあちゃんがいるといいのにな

  • 絵本
作: 松田 もとこ
絵: 石倉 欣二
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「おばあちゃんがいるといいのにな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1994年11月
ISBN: 9784591046197

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
1995年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書<小学校低学年の部>
1995年度けんぶち絵本の里大賞
1995年度日本絵本賞
全国学校図書館協議会第21回選定「よい絵本」

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

うちのおばあちゃんと一緒

おばあちゃんは、いつも家にいて、みんなを迎えてくれる。
ただ、そこにいるだけで、僕の気持ちをなごませてくれる存在。
読みすすめていくうちに、息子と2人で、うちのおばあちゃんと同じじゃん、と。
編み物してるのも、テレビ見ながらうたた寝するのも、お母さんに怒られておばあちゃんのところにすがりついていく息子の姿も...
けして声を荒げることなく、いつも穏やかな存在。

でも、我が家のおばあちゃんと、すごく共通点が多いだけに、最後に、おばあちゃんがなくなってしまうという結末は、ちょっと読んでいてもつらいものがありました。
6歳の息子、おばあちゃん大好きの息子は、口をあんぐりでした。
まだ、死ぬとか、いなくなるということがよくわからない年齢。
すごく心に響く本でした。
でも、ずっとずっとおばあちゃんは家にいると当たり前のように思っている息子には、不安をあおるようなところがあり、もうこの本は、当分開かないと思います。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,320円
1,430円
1,430円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
550円
440円
638円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おばあちゃんがいるといいのにな

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら