大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
きこりとおおかみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きこりとおおかみ

絵: 堀内 誠一
再話: 山口 智子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「きこりとおおかみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784834001631

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

森のはずれに住むきこりと、そのきこりをねらう、おなかをすかせたおおかみの、スリリングで愉快な知恵くらべの物語。巧みな線と押えた色彩の絵が物語の緊張感を盛りあげています。

ベストレビュー

なぜ、おかみさんには名前があるんだろう

ある読み聞かせのボランティア講座に出たとき、この絵本が紹介されました。どこかの幼稚園でこの絵本を読んだとき、子どもの1人が「おもしろい話だね〜。このお話を考えた人はすごいね〜」といった子がいた。という話を聞いて、この本はまだ読んでなかった。読みたいぞ。と、図書館で探してきました。

表紙絵のおおかみの情けなさそうな表情がいいですよね〜。
表紙を見ただけで、どんな話かしらとワクワクします。
裏表紙に描かれているきつねはいたちは、物語の中に直接登場しませんが、すごく気になる描き方をされています。

テンポがよくて、ドキドキするし、読みやすかったです。
特におおかみがたいが、バタバタと落ちてくるシーンの、それぞれのおおかみの「うそっ!?」みたいな驚いた顔がよかったです。

下の子は「なんできこりは“きこり”なのに、おかみさんは“カトリーヌ”という名前が付いているんだろう」と、不思議がってました。
怖いはずのおおかみが結構間抜けで、読んでいる方は面白かったです。
3歳くらいから、小学校高学年くらいまでお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山口 智子さんのその他の作品

ふくろにいれられたおとこのこ / けっこんをしたがらないリスのゲルランゲ

堀内 誠一さんのその他の作品

新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない / おだんご だんご



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

きこりとおおかみ

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット