宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
バラの絵本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バラの絵本

  • 絵本
編: はやしいさむ
絵: うのあきら
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

本体価格: ¥2,500 +税

「バラの絵本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784540051906

AB版 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

古代から人の心を魅きつけ惑わしてきたバラ。その歴史やエピソードから、いろいろな品種、地植えや鉢植えでの育て方、ドライフラワーやローズティのつくり方まで、魅惑の花バラの全てを魅力あふれるイラストで描く

ベストレビュー

宇野亜喜良とバラの関係

宇野亜喜良の絵を追っかけていて巡りあった「絵本」です。
花は宇野さんの絵本に多用されるので、違和感は持たなかったのですが、バラの育て方の絵本だと言うのは意外でした。
しかし、宇野さんの存在感たっぷりなのはさすがです。バラに関する雑学も楽しく、ガーデニングにはあまり関心がなくても充分に楽しめる本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

バラの絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット